プロペシアを紹介する男性

頭髪にお悩みをお抱えの方、プロペシアをご存知ですか?男性型脱毛症の主な原因とされている『DHT』の生成の抑制をしてくれる効果が期待でき、男性にしか服用できないお薬になっています。

日本皮膚科学会が推奨プロペシア等の医薬品と自宅治療

日本皮膚科学会では薄毛治療に最適な医薬品は何かと言った事を知ることが出来る男性型脱毛症ガイドラインを策定しています。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインは、遺伝子の影響を受け、体内酵素の5α-還元酵素およびテストステロンの結びつきにより、テストステロンが強制脱毛ホルモンとも言われているDHTに変換され、毛周期を乱して脱毛症を引き起こすAGAに対する医薬品の推奨などを行っているもので、日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインの中では、医薬品の種類と性別を分類し、推奨度を5段階に分類しているのが特徴です。

プロペシアはAGAの治療薬の中でも有名な医薬品であり、AGA専門クリニック等ではプロペシアを自宅で服用しながら治療を行うのが特徴的です。

プロペシアはAGAの脱毛症においての原因を作り出す5α-還元酵素を阻害する作用が在り、自宅で服用を続けることで毛周期が正しくなり発毛を期待することが出来ると言う医薬品になります。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインの中ではプロペシアと言う医薬品の名称は表示されていないのですが、この医薬品はフィナステリドと呼ばれている成分が含まれているもので、プロペシア以外にもフィンペシアやプロスカー、フィンカー、エフペシアなどの商品名で販売が行われている医薬品に含まれているものです。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインの中ではフィナステリド内服の場合、男性は推奨度がAの行うように勧められると言った推奨度が高いもので、女性の場合は推奨度がDの行わないように勧められると言った、推奨度が最も低いものになっているのが特徴です。

因みに、プロペシアは女性が服用する事や触れる事も危険だと言われている医薬品でもあるのです。